mineoの審査基準は?審査落ちしないために気をつけるポイント

mineo(マイネオ)には所定の審査があります。ほとんど問題なく審査に通るんですが落ちることもあるんですよね。

せっかく数ある格安SIMの中からmineoを選んだのに「審査に落ちた…」ってなったらショップなことこのうえなしです。いろいろ調べるのも申し込むのも労力がかかってますしね。全てパァになっちゃいます。

ということで、この記事では『mineoの審査に落ちたくない!』『審査に落ちたけど理由がわからない…』という方向けに、mineoの審査についてわかりやすく解説していきます。

mineoの審査基準は?

mineoで内容がはっきりと公開されている審査基準は以下です。mineoで審査落ちしないために気を付けるポイントですね。

mineoの契約回線数が多すぎないか?

mineoで契約できる回線数には以下のような上限があります。これを超えるとmineoの審査落ちの対象になります。

・1人で契約できる回線数は5回線まで
・同一住所で契約できる回線数は10回線まで

なお、解約した回線も支払いが完了するまで1回線としてカウントされます。mineoの支払いは末締めで、内容によって翌月か翌々月請求なので、解約してもちょっとの間1回線としてカウントされ続けるということですね。

一気にmineo端末を買い過ぎていないか?

mineoで販売されている端末を購入する際は以下のような制限があります。

・分割払いで同時に購入できるのは2台まで
・前回の購入から3ヶ月経過しないと一括・分割にかかわらず購入不可

まとめてや短期間に端末セットでmineoに申し込むと、これにひっかかって審査落ちするということですね。

18歳未満ではないか?

mineoを契約できる年齢は18歳以上です。

18歳未満の方がmineoに申し込むと問答無用で審査落ちします。18歳未満の方がmineoを使う場合は利用者登録というものをしないといけません。

参考mineoが未成年におすすめな理由と未成年でmineoを契約(利用)する方法

mineo申込者とクレジットカードの名義は同じか?

mineoの申込者と支払いに使うクレジットカードの名義は必ず同じにしないといけません。異なれば審査落ちします。

クレジットカードの名義相違は、家族でmineoにするとき(利用者登録や1つeoIDに複数回線契約するときなど)によく起こるので、お気をつけくださいね。

mineo申込者とMNP予約番号の名義は一緒か?

mineoにMNP転入するときの話です。

電話番号そのままでmineoにするとき必要なMNP予約番号ですが、mineo申込者と名義を必ず同じにしないといけません。

自分とMNP予約番号の名義となる他社の契約者が異なる場合は、他社の契約者を自分に変更してからmineoに申し込むか、他社の契約者の名義の方がmineoに申し込まないと審査落ちになります。

ちなみに、mineoに申し込むときMNP予約番号の有効期限が10日以上残ってる必要があるので、MNP予約番号を取得したらできるだけ早くmineoに申し込むようにしましょう。

■ドコモからmineoに乗り換える方法
参考ドコモからmineoへのMNP転入(乗り換え)方法と手順

■auからmineoに乗り換える方法
参考auからmineoへのMNP転入(乗り換え)方法と手順

■ソフトバンクからmineoに乗り換える方法
参考ソフトバンクからmineoへのMNP転入(乗り換え)方法と手順

mineo申込者と本人確認書類の内容に相違はないか?

mineoのシングルタイプは申し込みに本人確認書類不要なので、デュアルタイプを申し込むとき限定の話です。

提出した本人確認書類とmineoの申込者との情報が一致していないと審査落ちになります。住所の番地や生年月日など数字の打ち間違いに注意しましょう。

参考mineoの本人確認書類に使える書類と提出するときの注意点

mineoの他の審査基準

申し込み不備(入力ミスなど)なしで上のmineoの審査基準を満たしていれば、ほぼmineoの審査に通ります。と言っても100%じゃないんですよね。

まだまだmineoの審査基準があるということです。ただ、内容ははっきりと公開してないので上の審査基準と分けて紹介しますね。mineoの審査に落ちた原因が全くわからない…ってときは以下のどれかにひっかかってる可能性があります。

クレジットカードの種類

mineoでは、以下のクレジットカードが取り扱い可能として公式サイトに記載されています。

・Visa
・MasterCard
・JCB
・Diners Club
・American Express
・上記それぞれの提携会社が発行するクレジットカード

なので、クレジットカードならなんでもOKな気がしますが以下の記載もあるんですよね。

カード会社の認証結果により、お取り扱いできない場合があります。

カード会社の認証結果って詳細がわからないんですよね。もちろん有効期限切れなど使えないクレジットカードを登録すると間違いなく審査落ちです。

ただ、「一度も延滞やリボの残高なし、キャッシングしたこともないのmineoの審査に落ちた」「クレジットカードを別のにしたらmineoの審査に通った」などの情報があるので、クレジットカードの種類も審査基準になってる可能性があります。

デビットカードの種類

デビットカードもmineoの支払い方法として利用できますが、どのデビットカードなら確実に審査に通るかmineoでは明言されてないんですよね。

参考mineo(マイネオ)の支払い方法を解説。クレジットカードは必須?

同じデビットカードでも審査に通ったケースと落ちたケース両方あります

つまり、mineoの支払い方法をデビットカードにして審査に落ちた場合は、ネットで「このデビットカードならmineoの審査に通ったよ」という情報を見かけたとしても、デビットカードが原因である可能性が高いです。

他社での未納

mineo通信サービス契約約款の第10条のmineoの申し込みを承諾しない事由に以下の記載があります。

mineo契約の申し込みをした者がmineo通信サービスの料金その他の債務の支払いを現に怠り、または怠るおそれがあるとき

前半はよくわかるんですが、後半の『怠るおそれがあるとき』ってどうやって判断するか不明なんですよね。初めてmineoに申し込んだ方がmineoの支払いを怠るかどうかなんてわかりませんし。

で、おそらくの話なんですが、他社の未納を審査基準の1つにしてる可能性が高いです。

というのは、電気通信事業者協会というものがあって平成11年4月から、契約解除後に料金不払いのあるお客様情報を携帯電話会社同士で共有してるんですよね。例えば大手キャリアで未納があった場合mineoでもその情報がわかるということです。

「他社での未納」→「mineoの支払いを怠るおそれがある」→「不承諾」こうなるのは自然な流れです。

まとめ

以上、mineoの審査についてでした。

申し込み不備(入力ミスなど)さえ気をつけていれば、はっきりと公開されている審査基準を満たすと大概mineoの審査は通ります。しかし落ちるし理由もわからないってときはクレカやデビットカード、他社での未納が原因になってる可能性があるということです。

最後に、どうしてもmineoの審査落ちした理由がわからないときはmineoに直接問い合わせてみるのがおすすめです。理由を教えてくれることは少ないかもしれませんが、自分であれこれ考えるよりあっさり解決することもありますよ。

\今月のキャンペーン情報/