mineo(マイネオ)で名義変更する方法。家族なら手数料無料!


格安SIMで名義変更できる会社はほとんどありませんが、2017年6月よりmineoで名義変更(譲渡)できるようになりました

名義変更ってあまりする機会がないんで、ピンとくる方は少ないかもですが、利用者登録してmineoを使ってる未成年の方にはかなり助かる仕様変更なんですよね。

ということで、この記事ではmineoで名義変更する方法をわかりやすく解説していきます。

mineoで名義変更する方法

ややこしい手続きじゃないので簡単に名義変更ができるんですが、ネットや電話で完結せず「書類の受取/返送」があるので、その分手続きに日数がかかります。

では、mineoの名義変更が完了するまでの流れとともに解説スタートです。

1. 名義変更を申し込む

mineoの名義変更の申し込みは電話のみで受付しています。mineoサポートダイヤルへ「名義変更したい」と電話しましょう。以下が電話番号です。

・受付時間 → 9:00~21:00(年中無休)
・電話番号 → 0120-977-384

この際、名義変更される方(譲受人)じゃなくて名義変更する方(譲渡人)、つまりmineo契約者本人が電話する必要があります

契約内容や名義変更する理由など聞かれるので、手元に「mineo契約内容通知書」か「登録証」を用意しておいてくださいね。

2. 同意書の受取&必要書類の返送

名義変更の申し込みが完了すると『mineo契約譲渡同意書』というものが送られてきます。

▼シングルタイプの名義変更
mineo契約譲渡同意書を返送したら名義変更の手続き完了です。

▼デュアルタイプの名義変更
mineo契約譲渡同意書にプラスして「本人確認書類」も一緒に返送します。

この本人確認書類はmineo契約者のものじゃないので注意してくださいね。返送する本人確認書類は名義変更される方(譲受人)のです。

例えば、未成年者が利用者登録してmineo使ってて大人になったから名義変更する!という場合は、大人になった元未成年の方の本人確認書類が必要です。

mineoで使える本人確認書類については別記事で解説しています。

参考:mineoの本人確認書類に使える書類と提出するときの注意点

3. 名義変更後の契約内容通知書が届く

必要書類を返送後、数日して名義変更が完了すると、名義変更後の契約内容通知書が名義変更した方(譲渡人)に送られてきます。

以上がmineoで名義変更が完了するまでの流れです。やることはこれだけなんですよね。

mineoの名義変更は無料?いつから譲受人に支払い請求される?

続いて重要なお金関連の話です。

mineoの名義変更にかかる手数料

家族なら基本的に無料で名義変更ができます。以下、mineoの名義変更にかかる手数料です。

・家族間(三親等以内) → 無料
・上記以外 → 3,240円/税込

いつから譲受人に支払い請求されるのか

名義変更が完了した月の翌月の料金から名義変更された方(譲受人)へ請求されるようになります。もし、名義変更するのに上で紹介した手数料がかかった場合はそれも一緒に譲受人に請求されます。

mineoで名義変更できないケース

最後にmineoで名義変更できないケースの紹介です。

割賦契約がある回線は名義変更できません。分割払いでスマホをセットで購入している場合、支払いが終わっていないと名義変更できないということですね。

あと「契約状態によって受付ができない場合があります」と公式サイトに記載があるんですが、例に「支払いに滞りがあった場合など」とあるので、普通にmineoを利用してる方ならあまり気にする必要ないと思いますよ。その他みたいなもんですね。

なので「割賦契約がある回線だけ名義変更できない」という認識でほぼOKです。

まとめ

以上、mineoで名義変更する方法についてでした。
→ mineo

未成年で利用者登録してmineoを使っていて(使う予定)で、いずれ名義変更が必要かも?という方の参考になれば幸いです。

未成年でmineoを使う方法については別記事で詳しく書いてます。

参考:mineoが未成年におすすめな理由と未成年でmineoを契約(利用)する方法