mineoの本人確認書類に使える書類と提出するときの注意点


mineoを契約するとき本人確認書類は必須…と思いきや、本人確認書類なしで契約できるプランもあるんですよね。

ということで、この記事ではそのプランの紹介やmineoの本人確認書類について『どんな書類が使えるのか』や『提出するときの注意点』をわかりやすく解説していきます。

mineoで本人確認書類が必要なのはデュアルタイプだけ

mineoにはデータ通信のみの「シングルタイプ」と音声通話がついた「デュアルタイプ」があるんですが、本人確認書類が必要なのはデュアルタイプだけです。

なので、シングルタイプを検討中の方は本人確認書類について考える必要はなしですよ。

参考:mineo(マイネオ)の申し込みに必要なものを紹介。何があればいい?

mineoの本人確認書類にはどんな書類が使える?

さて、上にも書いたようにmineoのデュアルタイプを契約するには本人確認書類が必要になってきます。音声通話がついてるので、メインのスマホとしてmineoを利用するならこっちのプランですね。

で、mineoの本人確認に使える書類ですが、やっぱり誰でも持ってる書類が本人確認書類になってます。本人確認ができないとmineoの契約に限らずいろいろ困りますしね。

以下がmineoの本人確認に使える書類です。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・国家公務員共済組合員証
・地方公務員共済組合員証
・私立学校教職員共済加入者証
・顔写真付き住民基本台帳カード
・共済組合員証
・在留カード
・外国人登録証明書
・特別永住者証明書
・身体障害者手帳
・個人番号カード

聞いたことあるものからないようなものまで、いろいろあると思います。この中のどれか1つがあればOKです。

もし、上記の本人確認書類の住所と現住所が異なっている場合は、追加で以下の書類の「どっちか」が補助書類として必要になってきます。

・公共料金領収書
・届出避難場所証明書

電気・ガス・水道の領収書でいけるのでこちらも入手しやすいですね。ちなみに、補助書類は発行から3カ月以内で現住所の記載のあるものに限ります。

mineoに本人確認書類を提出する方法

mineoへ本人確認書類を提出する方法は、スマホなどで本人確認書類の写真を撮って、申し込むときに、その写真をアップロードするだけです。簡単に提出できるんですよね。

参考:mineo(マイネオ)の申し込み方法と手順をわかりやすく徹底解説

どうしても写真のアップロードができないって方は書類での申し込みも可能です。その際、mineoへの書類を送る送料はこっちで負担することになります。書類でmineoを申し込みの流れはこちらです。
→ 書面でのお申し込みの流れ(mineo公式)

mineoに本人確認書類を提出するときの注意点

最後に、mineoに本人確認書類を提出するときの注意点の紹介です。本人確認書類に不備があるとmineoの申し込みがキャンセルされることになるんで、要チェックですよ。

参考:mineoの審査基準は?審査落ちしないために気をつけるポイント

本人確認書類の写真は鮮明に!

本人確認するための書類なので、アップロード(提出)した書類の文字が読めなければ、意味をなしません。

写真は鮮明に!

本人確認書類の写真をアップロードする前に、文字が読めるように写っているか今一度確認しましょう。

本人確認書類の名義・住所は契約者と同じに!

本人確認書類の名義や住所はmineoを契約する方と同一でなければなりません。

どういったときにmineo契約者と本人確認書類の名義相違、住所相違が起こりやすいかというと、利用者登録してmineoを使うときです。

mineoは18歳未満の方は契約できませんが、利用者登録すると使えるようになります。親が契約して18歳未満の方を利用者登録するといったかたちですね。

参考:mineoが未成年におすすめな理由と未成年でmineoを契約(利用)する方法

このとき提出する本人確認書類は親のものです。間違えないように要注意です。

まとめ

以上、mineoの本人確認書類についてでした。
→ mineo

mineo検討中だけど、本人確認書類関連がちょっとよくわからない…って方の参考になれば幸いです。