mineoでドコモやauの中古スマホ(白ロム)を使う方法と注意点


白ロムとは、簡単にいうと大手キャリアで現在販売されている、または過去に販売されていたSIMカードの差さっていない中古スマホです。

mineo(マイネオ)はドコモとauの2つの回線に対応しているので、ドコモとauのスマホは、たとえヤフオクや中古スマホ専門ショップで入手したものでも基本的にmineoのSIMカードを差し込むと使えるようになるんですよね。

中古スマホは安いというメリットがあります。なので『安く中古スマホを手に入れてmineoで使いたい!』そう思ってる方向けに、この記事ではmineoでドコモやauの中古スマホ(白ロム)を使う方法と注意点をわかりやすく解説していきます。

mineoでドコモやauの中古スマホ(白ロム)を使う方法

mineoでドコモとauの白ロムを使う方法はとっても簡単です。

今使ってるドコモやauのスマホのままでmineoにするときと流れは全く一緒なんですよね。冒頭で述べたとおりヤフオクなどで入手した中古スマホだからといってmineoの手続きで特別なことをする必要は一切ありません

中古スマホがmineoの対応機種かどうか調べて、対応機種だったらmineoのSIMカードを差し込んでネットワーク設定するだけです。対応機種かどうかはmineo公式サイトの動作確認端末一覧から調べることができるので、mineoにする前にチェックしておいてくださいね。
→ mineo

ただ、中古スマホならではの注意点『mineoの対応機種なのに使えない』ってことがあるんですよね。以下で詳しく書いていきます。

mineoで中古スマホを使うときの注意点

mineoの対応機種なのに使えない、もしくは使えなくなるケースは以下の2つです。

赤ロムの中古スマホ

ドコモやauの白ロムはmineoで普通に使えるので全然大丈夫ですが、問題は『赤ロム』と呼ばれる中古スマホです。

赤ロムとは、大手キャリアの支払いが滞ったなどでネットワーク利用制限というものをかけられている中古スマホです。ようは「mineoの対応機種でも使えないようになってるスマホ」という認識でOKです。

じゃ、赤ロムの中古スマホを買わなければ良いだけじゃないの?』という話なんですが、買ったときは白ロムでも途中から赤ロムに変わることがあるんですよね。

白ロムの中古スマホを買ったほうとしては、たまったもんじゃないんですが、大手キャリアへの支払いが残っていて元の契約者がそれを滞納したり、不正な契約だったことが判明したりなどで、購入後に白ロムが赤ロムになることもあります。

赤ロムになったら保証してくれるような中古スマホ専門ショップを利用すると安心ですが、保証がないとこやヤフオクなど個人間で中古スマホを売買するときは注意が必要です。

中古スマホのネットワーク利用制限がどうなってるかは、各大手キャリアの白ロムごとに調べることができるので、事前に調べるようにしましょう。
→ ドコモの白ロムのネットワーク利用制限を調べる(ドコモ公式)
→ auの白ロムのネットワーク利用制限を調べる(au公式)

○だと大丈夫、△だと赤ロムになるかもしれない中古スマホ、×は赤ロムです。 

中古の2017年7月末までに発売されたau VoLTE端末

2017年7月末までに発売されたau VoLTE端末は白ロムでもSIMロック解除しないとmineoでは使えません。以下、auのSIMロック解除の条件です。

■auのSIMロック解除の条件

・2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除対応端末である。
・auを解約済みの方は解約から100日以内である。
・機種購入日から101日目以降である。

[購入日から100日以内でもSIMロック解除できるケース]
・一括払いで購入した機種。
・分割払いで購入した機種でも、過去に対象回線でSIMロック解除したことがあり、前回のSIMロック解除から101日経過している場合。(前回の~としてカウントされるのは、2017年7月1日以降のSIMロック解除からです。)

上記の条件を満たせば簡単にSIMロック解除できるんですが、本人に限るんですよね。

つまり、SIMロック解除されていない中古の2017年7月末までに発売されたau VoLTE端末を買ってもSIMロック解除できないので、mineoで使えないというわけです。

なので、中古のau VoLTE端末を購入する場合は白ロム、かつSIMロック解除済みのもの、もしくは2017年8月以降に発売されたものを買うようにしましょう。

まとめ

以上、mineoでドコモやauの中古スマホ(白ロム)を使う方法と注意点でした。
→ mineo

中古スマホを入手してmineoで使いたいなとお考えの方の参考になれば幸いです。