mineoは料金シミュレーションでいくら安くなるかすぐわかる!


mineo(マイネオ)にすると大手キャリアより毎月のスマホ料金が格段に安くなるのは間違いないです。なので、何も考えずにmineoに乗り換えても料金が高くなるなんてことはまずないんですよね。

といっても『mineoにするといくら安くなるのか具体的に知りたい』もんです。

そんな方向けにmineoでは乗り換え前に誰でも無料で料金シミュレーションできるようになってるんですよね。数字を入力したり項目を選択していくだけで、簡単にmineoにするといくら安くなるか具体的な数字がすぐに出てきます。

ということで、この記事ではmineoで料金シミュレーションする方法をわかりやすく解説していきますね。

mineoで料金シミュレーションする方法

私はすでにmineoに乗り換え済なので、以下で紹介している料金シミュレーションの入力情報には当時の情報を入力していってます。

mineoの料金シミュレーションで入力する情報は各々で変えていってくださいね。

1. mineoの料金シミュレーションページにいく

mineo公式サイトにいくと以下の画面が表示されるので左上の赤枠で囲んだmineoのロゴをクリックします。
→ mineo

すると以下のページに遷移するので、料金にカーソルをあわせる(画面左上の青枠)と料金シミュレーションページへのリンク(画面右上の赤枠)が表示されますので、それをクリックすると、料金シミュレーションページにいけます。

2. 現在利用中の大手キャリアの月額料金を入力する

では、料金シミュレーションの開始です。

まず、現在利用中の大手キャリアの月額料金を入力します。私の場合、ドコモでカケホーダイライトとデータMパック、あと留守電やキャッチホンなどオプションもろもろで7500円ほどだったのでそれを入力です。

3. mineoで端末を購入するかどうか

続いてmineoのするときに「今使ってる端末をそのまま使う」か「端末を新しくする」か選びます。私は今使ってる端末をそのまま使いました。

それぞれのケースにおけるメリット/デメリットは別記事で解説しています。

参考:mineoにするとき機種そのままか新規購入するかどっちがいい?

4-a. 今使ってる端末をそのまま使う場合

『お手持ちの端末を利用する』を選択すると以下項目が表示されるので、自分の端末の情報を入力します。この際、mineoの動作確認端末のみ入力できるようになってるので、自分の端末がない場合はmineoで動作確認されてないということです。

mineoで絶対使えないってことはないんですが、実際に使ってみないとわからないので、動作確認されてない端末を使う前提でmineoに申し込むのはあまりおすすめではありません。

端末情報を入力したらmineoのドコモプランにするかauプランにするか選択します。ドコモの方ならドコモプラン、auの方ならauプランという選び方でOKです。ソフトバンクの方はどちらでもいいですよ。

料金シミュレーションはmineoへの申し込みと関係ないので気軽に進めていけば大丈夫です。あくまでmineoにするといくら安くなるかを具体的にするための利用です。

ドコモプランとauプランの違いが気になる…って方は違いを解説している記事もあるので、よかったらご覧くださいね。

参考:mineo(マイネオ)のDプランとAプランの違いを解説。どっちがいい?

4-b. 端末を新しくする場合

『新たに端末を購入する』を選択すると、料金シミュレーションする時点でmineoで販売されている端末がズラーと表示されるので、購入予定の端末を選ぶだけです。一括払いか分割払いかは料金シミュレーションの最後に確認されます。

mineoで販売されている端末のおすすめについては別記事で紹介しています。

参考:mineo(マイネオ)端末セットおすすめランキング

5. デュアルタイプかシングルタイプか選ぶ

端末をどうするか決めたら、デュアルタイプ(音声通話つきSIM)かシングルタイプ(データ通信のみSIM)か選択します。

大手キャリアからの乗り換えなら大概デュアルタイプ(音声通話つきSIM)なので、上の画像のように『090音声通話あり』を選ぶことになります。

6. 毎月のデータ通信量を選ぶ

これが最後です。(端末を新しくする場合はこのあとに一括払いか分割払いか聞かれます)

私の場合はドコモのデータMパック(5GB)を利用していたので同じ5GBにしましたよ。今は当時の5GBと同じ料金で6GBになっていますので、6GBを選択します。

毎月のデータ通信量がわからない…ってときは、『データ容量診断』をクリックするといくつか質問が表示されるので、自分にあっただいだいのデータ通信量がわかります。以下そのために質問です。けっこうザックリで3つだけです。

7. 料金シミュレーション結果が表示される

mineoの料金シミュレーション結果はこんなかんじで表示されます。

私の場合、半額以下というか3分の1ですね。大手キャリアからmineoにするとこれだけ安くなります。

ただ、mineoの料金シミュレーションには1つ注意点があります。それはオプション料金が含まれてないということです。mineoでオプションを利用するときは料金シミュレーション結果に利用予定のオプション料金を加えてくださいね。

参考:mineoのオプションサービス一覧。どれが必要?おすすめオプションは?

ちなみに、私にとってmineoでつける必須オプションは以下です。

・10分かけ放題 → 月850円
・留守番電話 → 月300円
・キャッチホン → 月200円

キャッチホンはmineoでは割込み通話サービスという名称になっています。これらがあればmineoにしてもドコモでカケホーダイライトとデータMパック、留守電やキャッチホンなどのオプション利用していたときと同じようなかんじでスマホが使えるというわけです。

で、全部プラスすると『月3,630円』です。それでもドコモを利用していた時の半額以下になってるんですよね。スマホ料金は毎月かかってくるもんなので半額以下になるのはやっぱりありがたいですよ。

まとめ

以上、mineoで料金シミュレーションする方法でした。
→ mineo

自分はmineoにするといくら安くなるのか具体的な数字が気になる方は料金シミュレーションしてみてくださいね。説明を読むと何か難しい気にもなってきますが、実際にやってみると一瞬でできます。

mineoに乗り換えるとき、大手キャリアの更新月を待つべきかどうかの調べ方は別記事で紹介しています。

参考:mineoの乗り換え時期のタイミング。大手キャリアの更新月を待つべき?