大容量(20GB/30GB)の格安SIMならmineoがおすすめな理由


今や格安SIMの大容量プランは各社こぞって発表したので標準サービスと言えるほど当たり前になってきましたね。mineo(マイネオ)には20GBと30GBの大容量プランがあります。

大容量の格安SIMをお探しならmineoがおすすめ!

ということで、この記事ではmineoの大容量プランの詳細とともにその理由を書いていきます。

mineoの大容量プラン(20GB、30GB)の詳細

大手キャリアよりは当然ながら安いんですが、大容量プランは格安SIMといっても料金はけっこういいお値段です。mineoも同じくです。

mineoの大容量プランの料金は以下になります。

▼ドコモプランの20GB、30GBの月額料金

▼auプランの20GB、30GBの月額料金

▼ソフトバンクプランの20GB、30GBの月額料金

mineoの大容量プランは格安SIMの中でも安いほう(特に20GBは最安値クラス)なので、料金面だけでも十分選ぶメリットはあります。

しかし、さらなるおすすめポイントがあるんですよね。

大容量の格安SIMならmineoがおすすめな理由

大容量プランはその名の通り、大量のデータ通信量をひと月に使うことができるので、大容量プランを検討中の方は各々それ相応の利用方法をお考えかと思います。

ただ、上に書いたように格安SIMといっても、けっこういいお値段なので、大容量プランならではの以下の懸念点があるのではないでしょうか。

・そもそも使いものになるのか
・使いきれるのか
・もし使いきれなかったら?

mineoはこれらについて完璧といっても過言じゃない状態なんですよね。大量のデータ通信量が無駄になることはない、すなわち大容量のために払ったお金が損になることはまずないのでmineoの大容量プランはおすすめということです。

それぞれ詳しく書いていきますね。

mineoの通信速度は安定している

大容量プランが使いものになるのかという点において重要なのが通信速度です。

格安SIMの仕組み上、混雑時(特に昼時)の通信速度は遅くなりがちですが、mineoは格安SIMの中でも通信速度が安定していると評判なんですよね。しかも、この評判がずっと続く可能性が高い格安SIMです。

というのは、mineoは安定した通信環境の提供に必要なネットワーク回線の増強を頻繁に行ってるんですよね。さらに『ユーザーの目に見えるかたちで』というおまけ付きです。mineoは回線増強のスケジュールを公開している珍しい格安SIMです。

参考:mineoは回線増強を頻繁に行っている格安SIM!増強予定日も公開

「mineoを契約した当時は早かったのに最近遅くなってきた…」「聞いてたのと違う…」というような今出回ってるmineoの通信速度の良い評判とのギャップが将来にわたって起こりにくい状態になってるということです。

mineoの大容量プランは使い道が豊富

大量のデータ通信量を使いきれなかったらどうしよう…という心配がいらないくらいmineoの大容量プランは使い道豊富です。

まず、mineoはテザリングが無料で使えます。テザリングを利用すると大容量プランでも足りないくらいのデータ通信量を消費することができます。

参考:mineoはテザリングが無料で使える!詳細や気を付けることは?

また、mineoはデータシェアサービスが格安SIM他社より突出していますこれと大容量プランとの相性がバツグンなんですよね。

例えば、当月中にデータ通信量をやりとりできる『パケットギフト』や繰り越しされたデータ通信量を分け合う『パケットシェア』と大容量プランを組み合わせると、家族で利用など複数回線の利用がよりお得になったりします。

▼パケットギフトの詳細
参考:mineo(マイネオ)のパケットギフトを解説!利用方法や注意点は?

▼パケットシェアの詳細
参考:mineo(マイネオ)のパケットシェアを解説!利用方法や注意点は?

契約するプランや回線数にもよりますが個別に少ないデータ通信量を契約するより、大容量プランを分け合うほうが安くつくことがあるんですよね。

ドコモプランのデュアルタイプでいうと、10GBを2回線契約(合計6,440円)するより、大容量の20GBとmineoの一番安い500MBを契約(合計6,080円)して分け合ったほうが安くなるという具合ですね。

これは一例で、もちろん個別に契約したほうが安くなることもありますが、ようするにmineoの大容量プランはデータシェアサービスを使うことによって、いろいろ臨機応変に対応できるということです。

もしmineoの大容量プランを使いきれなかったときは…

もしmineoの大容量プランを使いきれなければ、1回だけ翌月に繰り越しされます。毎月付与される大量のデータ通信量の有効期限は翌月末までということです。

で、翌月は繰り越しされた有効期限の短いデータ通信量から消費されていくようになっています。『パケットシェア』を利用するならパケットシェアできるデータ通信量がなくなってから個別のデータ通信量の消費という流れです。

仮に繰り越しされた有効期限の短いデータ通信量すら消費しきれない…っていう状況になったとしてもmineoは無限繰越という裏技が使えるんですよね。『パケットギフト』を利用してデータ通信量の有効期限を延々と伸ばすことができます。

参考:mineo(マイネオ)のデータ繰り越しの詳細。無限繰越の裏技も可能

mineoはデータ通信量がいかに余ろうとも、その消滅を防ぐ手段があるということです。

まとめ

以上、大容量の格安SIMならmineoがおすすめな理由でした。
→ mineo

大容量の格安SIMをお探しの方の参考になれば幸いです。