mineoにドコモやau,ソフトバンクのiPhoneそのままで乗り換える方法


mineo(マイネオ)はiPhoneで利用されている格安SIMのシェアNo.1です。

魅力的な格安SIMであることはもちろん、mineoはやっぱりauとドコモ、ソフトバンクの3回線が使えるトリプルキャリア対応ってところがいいと思うんですよね。大手キャリアのiPhoneからほんと簡単にmineoに乗り換えることができます。

ということで、この記事ではmineoにドコモやau、ソフトバンクのiPhoneそのままで乗り換える方法をわかりやすく解説していきます。

mineoで使えるiPhone一覧

mineoでは以下のiPhoneが動作確認済みになっています。

・iPhone 5c
・iPhone 5s
・iPhone 6
・iPhone 6 Plus
・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone SE
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus
・iPhone 8
・iPhone 8 Plus
・iPhone X
・iPhone XS Max
・iPhone XS

『よし!mineoに乗り換えれそう!』と思った方、ちょっとストップです。どこの大手キャリアのiPhoneを使っているかやmineoで契約するプランによっていくつか注意点があるんですよね。

まず、それについて紹介していきます。

ドコモのiPhoneそのままでmineoに乗り換える


注意点は特にありません。上記のiPhoneなら安心してmineoのドコモプランに乗り換えることができます。

auのiPhoneそのままでmineoに乗り換える


基本的に上記のiPhoneならmineoのauプランにそのまま乗り換えることができます。しかし、以下のケースではSIMロック解除の手続きが必要になります。

・au VoLTE対応SIMを使ってる場合(2017年8月1日以降に発売されたiPhoneは不要)
・mineoでテザリングを使いたい場合

テザリングについてはmineoのauプランにすると使えなくなる(*)ので、もしauのiPhoneでmineoでもテザリングを使いたい!ってときは「SIMロック解除してドコモプランを契約する」というかたちになります。

参考:mineoはテザリングが無料で使える!詳細や気を付けることは?

(*)2018年10月末からauのiPhoneのテザリングが可になります

auのiPhoneをSIMロック解除するには

SIMロック解除ってややこしいイメージですが、条件を満たせば無料かつ簡単にできます。auのiPhoneのSIMロック解除するための条件は以下になります。

■auのSIMロック解除の条件

・2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除対応端末である。
・auを解約済みの方は解約から100日以内である。
・機種購入日から101日目以降である。

[購入日から100日以内でもSIMロック解除できるケース]
・一括払いで購入した機種。
・分割払いで購入した機種でも、過去に対象回線でSIMロック解除したことがあり、前回のSIMロック解除から101日経過している場合。(前回の~としてカウントされるのは、2017年7月1日以降のSIMロック解除からです。)

購入してすぐは基本的にSIMロック解除できないということですね。で、SIMロック解除対応のauのiPhoneは以下です。

・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone SE
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus
・iPhone 8(*)
・iPhone 8 Plus(*)
・iPhone X(*)
・iPhone XS Max(*)
・iPhone XS(*)

au VoLTE対応SIMを使っていたり、auのiPhoneでもテザリングを使いたいので、mineoのドコモプランのほうがいい!ってときは上記のiPhoneなら対応可能です。

SIMロック解除は「My au」から手続きできます(無料)。
→ SIMロック解除ページ

IMEI番号を入力してあとは指示に従って進めていくだけです。IMEI番号はお手持ちのiPhoneの「設定」→「一般」→「情報」で確認できますよ。

ちなみに、auショップでも有料(3,000円)ですが、SIMロック解除できます。

(*)auのiPhone8/8 Plus/X/XS MAX/XSについて

auの「iPhone 8」と「iphone 8 Plus」、「iPhone X」、「iPhone XS MAX」、「iPhone XS」は2017年8月1日以降に発売されたものになります。なので、au VoLTE対応SIMを使ってる場合でもmineoのauプランにSIMロック解除なしで乗り換えることができます

なお、他のiPhoneはauプランのnano SIMが使えますが、「iPhone 8」と「iphone 8 Plus」、「iPhone X」、「iPhone XS MAX」、「iPhone XS」はauプランのnano SIMが使えません。

すでにmineoのauプランのnano SIMでiPhoneを利用中の方が「iPhone 8」や「iphone 8 Plus」、「iPhone X」、「iPhone XS MAX」、「iPhone XS」に機種変更する場合は、VoLTE SIMに変更しないと使えないのでご注意くださいね。

ソフトバンクのiPhoneそのままでmineoに乗り換える


ソフトバンクのiPhoneについても、基本的に上のほうで紹介した動作確認済みのiPhoneならそのままmineoで使えるんですが、以下のiPhoneで「nanoSIM」を利用する場合はSIMロック解除が必要になります。

・iPhone 6s
・iPhone 6s Plus
・iPhone SE
・iPhone 7
・iPhone 7 Plus

ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除するには

ソフトバンクのiPhoneのSIMロック解除するための条件は以下になります。

■ソフトバンクのSIMロック解除の条件

・2015年5月以降に発売されたSIMロック解除対応端末。
・製品の購入日から101日経過している。
・解約済み製品は解約日から90日以内。

[購入日から100日以内でもSIMロック解除できるケース]
・2017年12月1日以降に一括払いで購入した製品。
・分割払いで購入した製品でも、過去に対象回線でSIMロック解除したことがあり、前回のSIMロック解除から101日経過している場合。(前回の~としてカウントされるのは、2017年12月1日以降のSIMロック解除からです。)

SIMロック解除は「My SoftBank」からできます(無料)。
→ My SoftBank

auと同じくIMEI番号を入力して進めていくだけという流れです。もちろんソフトバンクショップでも手続き可能です。(有料3,000円かかります。)

mineoにiPhoneそのままで乗り換える方法


ややこしい話はここまでで、手元にmineoで使えるiPhoneがあればあとはサクッといけます。iPhoneならmineoを使うためのネットワーク設定も簡単にできるんですよね。スマホが使えない不通期間もないので安心してください。

手持ちのiPhoneそのままでmineoへの乗り換えが完了するまでの流れは以下になります。

1. MNP予約番号を取得する(*)
  ↓
2. mineoに申し込む
  ↓
3. SIMカードを受け取る
  ↓
4. MNP回線切替の手続きを行う(*)
  ↓
5. ネットワーク設定を行う

*1と*4は電話番号そのままでmineoに乗り換えるときのみ必要な手続きです。

では、それぞれ解説していきますね。

1. 大手キャリアでMNP予約番号を取得する

mineoにMNP転入するとき大手キャリアでする手続きはこれだけです。MNP回線切替が完了すると大手キャリアは自動的に解約されます。

MNP予約番号は電話でサクッと取得することができるんですよね。大手キャリア各社のMNP予約番号を取得する際にかける電話番号は以下です。受付時間は9時~20時です。

▼ドコモ
・ドコモの携帯から → 151
・ドコモの携帯以外 → 0120-800-000

▼au
・全ての電話共通 → 0077-75470

▼ソフトバンク
・ソフトバンクの携帯から → *5533
・ソフトバンクの携帯以外 → 0800-100-5533

MNP予約番号の取得方法は他にもあるんですが、電話が一番手っ取り早いのでおすすめですよ。もし、気になる点があったらそのときに聞けますしね。

ちなみに、他の取得方法は以下です。

・ドコモ → My docomoから
・au → EZwebから
・ソフトバンク → My SoftBankから(3Gケータイのみ)
・3社共通 → ショップに行く

参考:mineoへのMNP転入(乗り換え)方法と手順をわかりやすく解説

2. mineoに申し込む

MNP予約番号の有効期限は『15日』です。

mineoに申し込むとき、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があるので、取得したらなるべく早くmineoに申し込みしましょう。
→ mineo

入力する箇所がいっぱいあって、10分程度かかりますが、これがmineoに乗り換えるときに一番手間がかかることと思ってもらって大丈夫です。なので、面倒ですが1つずつしっかり埋めていきましょう。

ちょっとわからない項目が…ってときは以下の記事でmineoの申し込み方法を画像つきで解説してるので、参考にしてくださいね。

参考:mineo(マイネオ)の申し込み方法と手順をわかりやすく徹底解説

3. SIMカードを受け取る

申し込みが完了するとmineoのSIMカードが届きます。

ただ、mineoではSIMカード発送の日時指定ができないんですよね。

いつ届くんだろうか…と不安になってきますが、目安として、公式サイトでは申し込みしてから1週間程度との記載がありますので、届くまで少々お待ちくださいね。

ネットの情報を見てみると『早くて2~3日』『遅くて1週間~10日』みたいです。私の場合は間をとって4日でしたよ。キャンペーン開催時など申し込みが混雑してるときはSIM到着が遅くなる傾向です。

参考:mineo(マイネオ)の申し込みから届くまでの日数。いつ発送される?

4. MNP回線切替の手続きを行う

mineoのSIMカードが手元に届いたらMNP回線切替です。MNP回線切替が完了すると、ここではじめて大手キャリアのSIMカードでiPhoneが使えなくなります

MNP回線切替はパソコンでの手続き推奨なので、パソコンでmineoのマイページにログインすると、『MNP転入切替/回線切替手続き』という項目があるので、そこから手続きできます。

MNP回線切替の手続きは入力する箇所があまりないのでサッといけますよ。1つ「ICCID/製造番号」という聞きなれない番号を入力する箇所があるんですが、送られてきたmineoのSIMカードの台紙に記載されています。

MNP回線切替の手続き(受付時間:ドコモ/auプランは9時~21時、ソフトバンクプランは10時~19時)したら、30分から60分程度でMNP回線切替が完了します。

参考:mineo(マイネオ)のMNP回線切替方法と回線が切り替わる時間を紹介

5. iPhoneのネットワーク設定を行う

大手キャリアのSIMカードでiPhoneが使えなくなったら、MNP回線切替が完了したということです。手持ちのiPhoneにmineoのSIMカードを差し込んで、最後にネットワーク設定をしましょう。

一番の難関っぽいイメージですがiPhoneの場合、プロファイルをインストールするだけなのであっという間に完了します。

ドコモ/au/ソフトバンクプランでインストールするプロファイルが違うのでそこだけ注意してください。プロファイルってなんぞや?と気になるところですが、iPhoneでmineoのSIMカードを利用するために必須なものという認識でOKです。

→ iPhoneのプロファイル(mineo公式)

上のリンク先でそれぞれのプランのプロファイルをダウンロードできます。手持ちのiPhoneはネットに繋がらない状態になってるので、Wi-Fiに繋いでインストールしてくださいね。

参考:mineoのAPN設定(ネットワーク設定)を解説。意外と簡単にできる

これで手持ちのiPhoneそのままでmineoに乗り換え完了です!

まとめ

以上、mineoにドコモやau、ソフトバンクのiPhoneそのままで乗り換える方法でした。
→ mineo

手持ちのiPhoneのままmineoに乗り換えて毎月のスマホ料金を抑えたい!って方の参考になれば幸いです。