mineo(マイネオ)の通信エリアの範囲は?田舎や地方でも使える?


mineo(マイネオ)はじめ格安SIMって大手キャリアよりスマホ料金が随分安いので何かと不便を強いられそうな気になってくるもんですよね。特に通信エリアの範囲が大手キャリアより狭いとなると、真っ先に影響を受けるのはやはり田舎や地方です。

今でこそ田舎や地方でもケータイが不自由なく使えますが、大手キャリアを利用している場合でも田舎や地方だと圏外になる場所がチラホラあって不便な時代もありましたしね。

mineoに乗り換えるとどうなるんだろう?田舎や地方でも使えるのか?』ということで、この記事ではmineoの通信エリアの範囲についてわかりやすく解説していきます。

mineoの通信エリアの範囲は?

格安SIMって大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しています。これは格安SIMが安い理由でもあって、簡単に説明すると、基地局などの通信設備の管理・運営費用を抑えることができてるから格安SIMは安いんですよね。

参考:mineo(マイネオ)が安い理由。安すぎて不安なときはその理由を知ろう

で、mineoはどこから回線を借りてるというと『ドコモ』と『au』と『ソフトバンク』からです。回線を借りてることによる影響は混雑時(特に昼時)は通信速度が遅くなるぐらいで、他は大手キャリアと同じように使うことができます。

つまり、mineoの通信エリアの範囲はドコモやau、ソフトバンクと同じということです。田舎や地方だからといって大手キャリアより繋がりにくくはないんですよね。

mineoはドコモ/au/ソフトバンクプランで通信エリアの範囲が微妙に異なる

mineoではドコモ回線ならドコモプラン、au回線ならauプラン、ソフトバンク回線ならソフトバンクプランといったように使う回線によってプランが分かれています。

参考:mineoのDプラン/Aプラン/Sプランの違いを解説。どれがいい?

それぞれのプランの通信エリアの範囲は、それぞれの回線に準拠してるので、大手キャリアの「ドコモ」や「au」、「ソフトバンク」で通信エリアが違うように、mineoでもどの回線で契約するかによって通信エリアが異なります

といっても、ドコモ回線でもau回線でもソフトバンク回線でも人口カバー率99%超えてるので、今住んでる田舎や地方で大手キャリア「ドコモ」や「au」「ソフトバンク」を問題なく使えてるなら通信エリアの違いは気にしなくてもOKですよ。ほぼ変わりません。

mineoのauプランはSIMや端末で通信エリアの範囲が微妙に異なる

mineoのauプランは大手キャリア「au」と通信エリアの範囲は同じなんですが、SIMや端末によって微妙に通信エリアが異なります。以下、mineo公式サイトからの引用です。

090音声通話は「au 3Gサービスエリア」をご確認ください。au VoLTE 対応 SIM、および対応端末での090音声通話ご利用時には、「au 4G LTEサービスエリア」となります。なお、データ通信は「au 3Gサービスエリアのみ」でつながるエリアではご利用いただけません。

au VoLTE対応のSIMと端末では、「au 4G LTEサービスエリア」でしか通話もネットもできないということですね。

なんかややこしい話になってきましたが、auの4G LTEの通信エリアも人口カバー率99%超なんですよね。ようするに、この通信エリアの違いも、今住んでる田舎や地方で大手キャリア「au」を問題なく使えてるなら特に気にする必要なしということです。

まとめ

以上、mineoの通信エリアの範囲についてでした。
→ mineo

mineoにしても通信エリアの範囲は狭くなることなく、大手キャリア「ドコモ」や「au」「ソフトバンク」と同じなのでご安心くださいね。